子育てしながら仕事を両立させて限界を感じた時に考えること

子育て

ここ数十年で働く女性が増えて、出産後も働く人が増えました。

結婚して退職する人は少ないのですが、出産してから退職する人は多い傾向にあります。

自分ひとりでの生活、夫との生活に子供が加わるだけでも大変です。

一人の子供が生まれることで、女性は自分のからだの変化だけでなく、何を差し置いても子供を守らなくてはならないのです。

 

子育てと仕事のどちらかを捨てることも有りかもしれませんが、日本の現状だと男性だけの稼ぎでは暮らしが成り立たない家庭が多いです。

 

生活が豊かになり一般的な暮らしをするだけでも経費がかかるので、女性が働かなくては成立しない社会になりつつあります。

 

男女雇用機会均等法の施行、女性の高学歴化も進む中で、子育てをしながら働くことでぶつかる限界と限界を感じた時に考えたことを紹介していきます。

 

限界を感じる背景

女性の高学歴化

今でも男女関係ないく高校卒業後は進学する人が増え、女性も高学歴化しています。

大学を卒業してから働く人が増えて、男性と同じぐらいの収入を得る女性や責任ある仕事のポジションにつく女性も多くなってきました。

その為、結婚して男性の収入に頼る必要がなく、自身で自立できる女性が増えました。

 

そこで考えたいのが、ある程度の収入を得られる仕事や責任ある役職に就くことで育児の為に時短勤務をするのは厳しいのではないでしょうか?

 

私自身も第1子の出産で一度退職しましたが、看護師の資格を持っていますので育児が落ち着いた時期に復職しました。

資格を持っている方や技術職の方は、一度退職しても復職しやすいと思いますが、そうでない方は退職することにやはりためらいを感じるのではないでしょうか?

 

今まで苦労して、仕事で築いてきたものが全てパーになると思うと…なかなか退職の選択は難しいですよね。

どんな職種や会社での立ち位置でも、産休や時短勤務などの改革が進んでほしいと願うばかりです。

 

保育園選び、学童保育へ入れるのか?

保育園に落ちたことを理由に、ネット上で国に対する誹謗中傷の書き込みがあり話題になりました。

多くの方が仕事と育児を両立していく上で、悩みを抱えています。

 

保育園や学童保育に入ることができるか、その保育園、学童に子どもが合うかどうか、終了時間までに仕事が終わるかどうか…など沢山の悩みがあります。

 

近くに両親がいるから助けてくれる方もいれば、逆に両親がいるから学童に入ることができずに助けも得られないパターンもあります。

 

それぞれ家庭の事情を考慮しつつ決定するみたいですが、断られることへの不安は隠しきれないでしょう。

 

限界を感じる前に考えたいこと

3歳だった娘に「仕事やめて、早く迎えに来て」とよく言われていました。

挙句の果てに保育園の先生にも「小学生になるまでは、もっとゆったりとしたお仕事できませんか?」と言われて、さすがに働く意義を考えたことがあります。

 

パート勤務でゆったりしているはずですが、忙しいときは正社員と変わらない状態です。

子供と一緒にいる時間を確保したいのはやまやまですが、子育てをしていく上で必ずお金は必要です。

 

子供には、仕事辞めるとおもちゃが買えなくなるよ!お菓子も買えないよ!なんて言いつつ、だましだましやっています。

 

いつか子供が就職や将来を考えたときに答えることができるといいなと思っています。

お金、やりがい、働く誇りを考えて女性も働けたらいいなと思っています。

 

 

小さいわが子を預けて働くのだから、やりがいあること、有意義に時間を使えること、仕事熱心になりすぎずに適度に働けるところなど、それぞれの価値観に基づいて決められたらいいと思います。

 

家事の見直し、協力体制を整える

 子育て、仕事、家事すべてを一人でやろうと思うと必ず限界がきます。

仕事をしながら子育てをしていく選択をするなら、旦那さんの協力は必要不可欠でしょう。

とくに家事は男性でもできる事があるので、しっかりと役割分担することをオススメします!

お風呂・トイレ掃除や洗濯物を干すぐらいは、しっかり旦那さんに頼るといいですよ!

 

まとめ

子育てと仕事を一人の力だけで両立していくには、必ず限界があります。

 

子育てに理解ある会社は、まだまだ少ないのが現状です。

子供がいるので早く帰りたいと言っても、諸先輩方は時短勤務なんてない時代に働いてきた人達なので、「私たちの時はもっとしんどかったわよ。」と言われ理解してもらえないことも経験しました。

女性が出産後も働きやすい職場が増えてくることが理想ですが、まだまだ時間がかかりそうです。

 

その為、自分が何を大事にするかしっかり考えて答えを出しましょう。

仕事を続けるのであれば、周囲の協力が得られるのかどうか。

すべてを完璧にこなすことは無理なので、何に時間をかけて何を省くのか夫婦で相談することも大切です。

 

ひとつ言えることは、一人で抱え込んで体や心の限界を迎えてほしくないということです。

 

コメント