子育てママ必見!子供への正しい叱り方とは?

子育て

みなさん子供がわがまま言う時、お友達と喧嘩した時など、どの様に子供を叱っていますか?

 

私達が子供の時を思い出してください。

 

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、親戚、近所の大人の方達に叱られる時、

「厳しく叱りすぎだよ、嫌だな、逃げたいな。」

 

と思ったことはないでしょうか。

 

自分が悪いことをした時に叱られるのは嫌ですが、内容次第では、

「あの時叱ってくれてよかった。」

「叱られないとまた同じことを繰り返していたかな、もっと周りに迷惑をかけていたかな。」

と感謝を覚える事もあります。

 

けれど、街中や公園で子どもを叱る親達をみていて、

「言い方、行動など、叱り方にも注意してほしい。」

と思ったことが何度もあります。

 

大人は叱られる時、厳しく、強めの口調で言っても多少は耐えられるし、大丈夫でしょう。

 

しかし、子供はどうでしょうか?

まだまだ人生経験がない子供が強く叱られることで、心を傷つけたり、内気な性格になることもあります。

 

子育て中の悩みのひとつ、子供の叱り方について、事例を挙げていきます。

 

静かな場所で注意しましょう!

子供を叱る時はどこで叱りますか?

子供を叱るには理由がありますが、叱る場所を考えましょう。

 

叱る時、周りに多くの人がいませんか?

例えば、スーパーや公園で注意する時、その場を離れて人が少ないところに移動しましょう。

 

何でもその場で子供を叱ればいいのではありません。

子供を叱るのには理由がありますが、叱るお母さんお父さんも、子供の気持ちを理解しましょう。

 

叱られている姿を、大勢の人に見られていい気持ちになりますか?

 

スーパーや公園、他のところでも、人が少ない場所はあります。

 

大勢の人達が見ているところで注意することで、施設側も迷惑をします。

 

まずは、人が少ないところ、静かなところを探しましょう。

 

そういうところで注意することで、

・子供が落ち着いて話しを聞くことが出来る。

・叱る方も気持ちを落ち着かせることが出来る。

・お互いが向き合えることが出来る。

ことが良い点です。

 

お母さんがスーパーのど真ん中、大勢の人達がいるところで大きな声で子供を叱る姿を見た事がありませんか?

 

この様子を見たお客様は、叱っているお母さんに対して、

「子供をきちんと叱る良いお母さん。」

 

というよりも、

「大勢の人達が見ているところで子供を叱るのは子供がかわいそう、叱る場所を考えてほしい。」

 

と思うでしょう。

子供を叱る時に、場所を考えた方がいいですよ。

「子供を叱る時、直ぐにその場で叱ればいい。」

 

ということではありません。

母親として、大人として、一度考えて子供を叱りましょう。

 

怒りすぎない、とにかく誉めること

子育て中に子供を叱ることは何度もあります。

叱り方として、

「子供を怒る、厳しく言う。」

 

ということがあるでしょう。

しかし、それは程々にして、叱り方を考えましょう。

怒る、厳しく言う叱り方が正しいのではありません。

 

叱る時、子供には、

「怒るよりも、誉めまくることで子供の気持ちを和らぐことが出来る。」

のです。

 

私は、子供の時や、大人になった今でもそうですが、

母親や学校の先生、職場の上司に叱られる時、

「怒られる、厳しく言われるのは仕方ないけれど、私のことを誉めることを考えて行動してほしい。」

「そうすれば叱られても話しを聞こうとするけれど。」

と思います。

 

子供を誉めまくることで、叱られる内容を理解しようとしますし、

「お母さん、もっと叱ってほしい!」

と思うかもしれませんね。

 

子供を誉めた時の表情を思い出してください。

 

誉めまくって子供の話を聞く、その時々に厳しいことを言っていきましょう。

 

子供は、お母さんが叱っている意味を理解してくれる時が来ます、大丈夫ですよ。

お母さんは子供のことを思って叱っているのですよ。

 

子供の言い分を聞くこと

子供を叱る大人にも理由がある様に、子供にも言い分があります。

叱られた内容に対して、子供にも、

 

「私にも言い分があるから聞いてよ!」

と思うでしょう。

 

大人が一方的に叱る、注意するのではありません。

 

子供の言い分もきちんと聞きましょう。

そうしてから子供を叱るのを続けるのかやめるのかを考えてみましょう。

 

まとめ

 

私が2人の子供の母親になって、子供の叱り方について悩むことは多いです。

 

子供を叱った後、子供が泣いている姿を見て、

「子供に厳しく言いすぎたかな。」

と反省しています。

 

子供を叱る度に、子供が落ち込む様子を見て、

「子供は私を嫌いにならないかな。」

「この後立ち直ることが出来るかな。」

 

と子供を心配します。

私は子供の時、母親に叱られた後は、母親が怖くて、その日は話しかけづらかったことがあります。

 

その後、母親が、

「さっきは叱りすぎてごめんね。」

と言ってくるので、その場は終わりです。

 

自分が子供の時に嫌だと思ったこと、叱られ方次第で傷付き、自信を持って行動出来なかったことがあります。

 

子供には厳しく叱りすぎないことです。

優しい心と広い気持ちで子供を見守り、叱る時には叱り方を考えて行動しましょう。

 

 

コメント