赤ちゃんが水遊びデビュー!どんな服装がいいの?

子育て

近年夏になると猛暑日が続くことが多く、大人も子供も海や川やプールに行って暑さを紛らわしたくなりますよね!

 

でも赤ちゃんがいる家族は、外の施設に行くことに対して不安要素が多く、躊躇っている人も多いのではないでしょうか?

 

とくに困るのが、赤ちゃんの服装です。

 

赤ちゃんが水遊びをする時は、もちろん水着を着用しますが、

「どんな水着がいいのか」

「水着以外は何を着用すればいいのか」

 

悩んでいませんか?

 

私の経験を踏まえて、

「赤ちゃんの水遊びに必要な服装」を紹介していきます!

 

オムツが取れてない赤ちゃんは「水遊びパンツ」

オムツ着用中の赤ちゃんが、市営プールや遊園地のプール、施設のプールを利用する場合は、水着と一緒に「水遊びパンツ」を着用する必要があります。

 

施設によっては、「オムツが取れていない方は入水禁止」

されているところもありますので、事前に確認してくださいね。

 

「水遊びパンツ」の代わりに「オムツ」を着用して入水できないの?と思いますが、絶対にやめましょう!

 

「オムツが水分を吸って大きく膨らみます」

 

ママ友の赤ちゃんが「水遊びパンツ」の代わりに「オムツ」を着用して家庭用ビニールプールで水遊びをしたところ、この様な状態になりました…。

 

「水遊びパンツとオムツは同じ役割、どちらを着用してもいいでしょ。」

と思っている方へ、試しに2つ着用して家のお風呂で比較してください。

 

「オムツ」は中に「ポリマー」が入っているのでそれが水分を吸収する役割をしています。

 

「オムツ」が取れていなくても「水遊びパンツ」着用すれば楽しく水遊び出来ます。

サイズも選べるので1枚持っていると便利ですよ。

 

「ワンピースタイプ」の水着は冷え対策に最適!

女の子の赤ちゃんの水着は、「ワンピースタイプ」は1枚で着用出来ます。

お腹が冷えないし、水着が脱げてしまう心配が少ないです。

 

「ワンピースタイプ」は、「セパレートタイプ」と違い1枚なので持ち運びに便利。

上か下のどちらかを紛失することが少ないですよ。

子供と一緒だと、着替えに手間取ったりするので慌てて水着を入れ忘れたりすることもありますからね。

 

「ワンピースタイプ」はお腹が見えないし、水着が途中で脱げる心配がありません。

子供でもプールの滑り台で水着がずれたりすることもあるので、そのような心配もしなくて大丈夫です!

 

「ワンピースタイプ」の難点な所は、着脱が難しいことです。

慣れていけば大丈夫ですが、はじめは少し着させるのに苦労するかもしれません。

 

「セパレートタイプ」の水着は着脱しやすい!

女の子の赤ちゃんの水着は、「セパレートタイプ」が着脱しやすく、便利す。

 

「ワンピースタイプ」は水着の着脱に時間がかかります

が、「セパレートタイプ」は上下に分かれているので着脱が早く出来ます。

 

しかし、「セパレートタイプ」はお腹の冷えや、日焼けした時に水着焼けが気になります。

そういう時は、

 

「日焼け止めを塗る、ラッシュガード着用して紫外線と冷え防止をする。」

と、温度調整にもなりますよ。

 

「ハーフパンツ、短パンタイプ」の水着が動きやすくてカッコいい!

男の子の水着の長さについて、長めよりも「ハーフパンツタイプ」「短パンタイプ」が動きやすくて便利です。

 

「ズボンタイプ1枚で着用したくない。」

という男の子の赤ちゃん「ラッシュガード」を使用するといいですよ。

女の子の水着の様に、1枚で繋がった感じになります。し、冷え防止にも役立ちます。

 

水着は脚に「ピタッ」とフィットするタイプ、ゆとりのあるタイプがありますので、赤ちゃんに合ったタイプを選んで着用してください。

 

紫外線対策には「ラッシュガード」がオススメ!

屋外プールで遊ぶなら、日焼けや紫外線が気になります。

赤ちゃんの身体を考えると、「ラッシュガード」で日焼け対策をしましょう!

 

「ラッシュガード」は紫外線防止以外にも、「冷え防止」にも役立ちます。

水着を着用していると身体が冷えてきます。

 

「ラッシュガード」は温度調整も出来るし、水着そのままで着用したくない赤ちゃんは、「ラッシュガード」を着用して入水してください。

 

「ラッシュガード」1枚あると便利です。

半袖、長袖、袖から指が出せるタイプもありますので、赤ちゃんに合ったものを探してみることです。

 

まとめ

水遊びは家でも外でも出来ます。

今回はプール遊びを中心に紹介しましたが、

 

「赤ちゃんが水遊びを楽しくする為に、服装について調べてみよう。」

「安全、利便性の良い服装は取り入れたい。」

 

と思うことが、親という立場で赤ちゃんのことを考えていることです。

 

水着は、時期によって安く買えますし、デザインも高性能の水着もたくさんあります。

水着着用時は「1サイズ上」がオススメですよ。

 

赤ちゃんの水遊びは服装以外にも、「入水時間」「水温」「体温」「紫外線対策」「虫刺され防止」など、やることがたくさんあります。

 

赤ちゃんの水遊び、赤ちゃんの服装だけではなく、お父さんお母さんの服装も気をつけてください!

 

コメント