赤ちゃんの耳の掃除はいつから?正しい方法とは!

子育て

赤ちゃんの耳の掃除を実践している方へ、赤ちゃんが生後何ヶ月目から行っていますか?

また、いつから行うのか正しいのでしょうか?

 

赤ちゃんの身体は成長途中、まだまだ完成していませんし、耳も完成途中の段階です。

 

大人の耳の掃除をする感覚で、

 

「赤ちゃんも耳の掃除をしてきれいに保っておきたい。」

というお父さんお母さんの思いがありますが、

 

「赤ちゃんの耳の掃除を、大人と同じ感覚で毎日行えばいい。」

ということではありません。

 

そこで、

「赤ちゃんの耳の掃除はいつから行えばいいのか。」

 

耳の掃除方法や注意事項を事例として挙げながら紹介していきます。

 

1歳未満の赤ちゃんはガーゼで拭き取るだけ

赤ちゃんの耳はとても柔らかくて繊細です。

赤ちゃんの耳の掃除をする時の注意事項として、

「1歳未満の赤ちゃんはガーゼで拭き取る。」

様にしてください。

 

赤ちゃん用綿棒が発売されていますが、大人用綿棒よりは柔らかくて耳垢が取りやすいです。

 

しかし、最初は赤ちゃんの耳の掃除ということで綿棒ではなく、ガーゼで充分取れます。

赤ちゃんの汚れは、特に耳の深くありません。

 

綿棒を使用すると、赤ちゃんの耳の掃除をする時の力加減がわかりにくいですし、子供に耳の掃除をする感覚でも力が強すぎる場合があります。

 

赤ちゃんの耳の掃除をする時、

「綿棒を使用しなくて耳の汚れが取れるのかな。」

と不安になりますが、ガーゼで充分です。

 

1歳未満の赤ちゃんの耳垢は指でこすろう

赤ちゃんの耳の掃除について、1歳未満はなるべく綿棒を使用しない方が良いと先程記載しましたが、他の方法もあります。

 

それは、

「1歳未満の赤ちゃんの耳垢は指でこする。」

方法です。

 

赤ちゃんの耳は柔らかいですし耳穴の深さは浅いです。

赤ちゃんの耳に指先を少しだけ入れてみてください。

 

赤ちゃんの耳をこすると、耳垢が指先についてきます。

但し、赤ちゃんの耳を指で優しく弱めにこする、そして耳が気になるからと言って何度もこすらないことです。

 

赤ちゃんではなく子供がいる方、赤ちゃんの耳の掃除をする前に子供の耳で少し試してください。

もちろん弱めに耳をこすりましょう。

 

子供なので赤ちゃんよりは少し強めに耳をこするかもしれませんが、指で子供の耳の掃除が終わった後に、

「今の指加減、強すぎなかったかな。」

と聞いてみるのもいいでしょう。

 

子育てはお兄ちゃん、お姉ちゃんがアドバイスくれることが多々あります。

 

2人目以降の赤ちゃんは、効率よく子育てされて幸せですね!

 

耳鼻科で赤ちゃんの耳の掃除をお願いしよう

「赤ちゃんの耳をきれいに掃除したい。」

とお父さんお母さんは思いますが、赤ちゃんの小さい耳を掃除することが不安な方も多いでしょう。

 

掃除している時に耳を傷つけないかな、痛くないかなと不安に思ってしまい、結局掃除をせずに放置していませんか?

 

まだそんなに汚れてないからきっと大丈夫と思っていませんか?

 

そんな時は耳鼻科の先生に相談して、掃除してもらうことをオススメします。

専門の先生に任せた方が安心できますからね。

 

その時に、掃除のやり方や頻度を先生に相談してもいいと思います。

 

自己流で耳の掃除をしてしまい、赤ちゃんを傷つけてからでは遅いですからね。

 

耳の掃除ごときで耳鼻科へと思った方もいるでしょうが、かわいい我が子の為なら親がしっかり動きましょう。

もし不安であれば、事前に耳鼻科へ問い合わせるといいでしょう。

 

まとめ

 

赤ちゃんの耳の掃除、いつから、どの様に行えばいいのか、皆さん不安になります。

 

赤ちゃんの耳の掃除を最初は丁寧に行っていきますが、赤ちゃんが成長して子供になってからも丁寧に行うこと、定期的に行う様にしてください。

 

赤ちゃんの耳の掃除を行う前に、

「子育て本を読む。」

「赤ちゃんの耳の掃除をした経験者に聞く。」

 

そうして準備をしてきましたが、子育てと同じく、赤ちゃんの耳の掃除は行ってみないと何もわかりません。

 

赤ちゃんの耳の掃除について、「子育て本」を熟読したのであれば手順通りに行ってください。

 

自分勝手に、大人と一緒の様に耳の掃除を行うのだけはやめましょう。

傷つくのは、自分の赤ちゃんです。

 

赤ちゃんの身体に触れるのはとても不安です。

私達が親となって子育てしていくことは、こういうことを失敗して学んで、今度は教えていく立場です。

 

今まで「子育て本」やお父さんお母さんの「独学」で赤ちゃんの耳の掃除を行ってきた方へアドバイスです。

 

「プロの意見を聞くのも大切」です。

 

保健センターや子育て支援センターで定期的に開催されている「子育て相談会」に参加してみませんか。

 

子育て相談や赤ちゃんの耳の掃除についていつから行っているのか、不安なことを保健師さんに話してみると、お父さんお母さんの気持ちがスッキリしますよ。

 

コメント