2歳のイヤイヤ期は大変!暴れる原因を検証!

子育て

2歳になると、突然イヤイヤ期が始まります。

赤ちゃんが暴れて困っていませんか?

母親としては何とかしたいですよね!

 

「暴れるのが自宅であればまだ大丈夫!」

とは言えませんが、スーパーや友達の家、外食先でイヤイヤが始まり、赤ちゃんが暴れるのは困ります。

 

「2歳のイヤイヤ期、暴れる原因」は何でしょうか?

 

2歳の子供は、暴れたいから暴れるのではありません。

暴れるのにも理由があります。

 

理由がわかれば気持ちが楽になりますよ。

 

「2歳のイヤイヤ期、暴れた時にパニックにならない。」

様にしましょう!

 

その為の参考事例と対応方法を挙げていきます。

過度に注意しすぎると逆効果!

2歳は色々なことを試したくなります。

例えば、お母さんが、

「おもちゃを片付けてね。」

 

と注意します。

「お母さんも一緒に片付けるから、頑張ろうか。」

と声かけても、

 

「イヤ!」

と言い切ります。

何とか言うことを聞かせようと、厳しく、キツイ言葉で言ってしまいますが、お母さん、我慢しましょう。

 

「今は2歳でイヤイヤ期、言うことを聞かない時期だから。」

と、割り切ることも考え方のひとつです。

 

言うことを聞かないで暴れる、人を叩く、物を荒らすなど、周りに迷惑をかける場合は、その場で注意します。

 

2歳なら怒られていることが理解できるので、注意の仕方によっては暴れ出すこともあります。

 

子供が暴れても、負けじと注意し続けることは時に必要です。

 

「注意することで更に暴れ出してしまうかも。」

という不安を持たないことです。

 

「注意する時は注意する!」

とても大切です。

 

例えば、お友達と遊んでいて、他の子供さんを叩いたのを見た時にしっかりと注意できますか?

 

2歳の子供がイヤイヤ期だから、暴れるのが怖いから注意しないのではないのです、厳しく叱ること、これが子供への「しつけ」です。

 

自分の子供が他人に迷惑をかけてしまったのであれば、しっかりと相手に謝っている姿を我が子に見せましょう。

 

お母さんが謝る姿は、2歳の時ではわかっていなくても、年齢が大きくなる度にわかってきますよ。

 

「アメとムチ」という言葉があるように、注意ばかりしていては、子供は反発するだけです。

 

注意した回数よりも、優しく誉めてあげる回数を多くするよう心がけましょう。

 

自分の意見が通らないとイライラ!

2歳になると、言葉も徐々に覚えてきて「自己主張」が出来る様になります。

 

口で伝え、興味あるところへ行動する様になります。

日常会話で、

 

「お腹空いたー。」

「おもちゃで遊びたい。」

「まだ眠いからもう少し寝たい。」

 

と2歳の子供は言ってきます。

 

自分の気持ちを伝えることは、「自己主張する」という意味ではいいのですが、自分の思い通りにならない時に「イヤイヤ」が発動します。

 

それが発展すると次の行動は「暴れる」という形になります。

 

「自己主張」をしてきた時は、まずはしっかりと子供の意見を聞いてあげましょう。寄り添うことが大事です。

 

頭ごなしに怒鳴って注意していると、余計に子供に刺激を与え暴れる原因になります。

 

その時の状況次第ですが

「あなたならママの言うことがわかる、やっていいことと悪いことがわかるよね。」

 

と期待しながら注意しましょう。

 

お父さんお母さんの大切な2歳の子供ならきっと大丈夫ですよ。

 

男女で比較されると暴れる原因に!

男の子と女の子を同時に子育てしている時、

男女のお友達が一緒に遊んでいる時に

 

「男の子と女の子の対応が違う。」

 

と感じる時や、意識していることはありませんか?

 

「男の子は女の子より厳しく叱ってもいい。」

「女の子には叩かない様にしよう。」

と男女差別しない様にしてください。

 

男の子にはついつい厳しく、女の子には多少優しくしたくなっていませんか?

気持ちはすごく理解できますし、私もそうしたくなります。

 

しかし実際そのような対応をすると、

「何で女の子には怒らないの!」と男の子はイライラして暴れることもあるでしょう。

 

大人でも他人と比較されたり、誰かが優遇されたりしていると腹が立ちますよね?

 

子供も同じです。平等に接する事を忘れずに行動してくださいね。

特に女の子がいるお父さんは、娘にメロメロになりすぎる事があるので要注意ですよ!

 

 

まとめ

2歳と言っても、イヤイヤ期を経験しない子供と、イヤイヤ期で暴れて大変な子供がいます。

 

2歳でイヤイヤ期がなくても、3歳、保育園・幼稚園入園後、小学生になってからなることもあります。

子供はマニュアル通りには育ちません。

 

「私の子供は2歳でイヤイヤ期が無かったけれど、保育園入園後イヤイヤ期になって周りに迷惑をかけて大変だった。」

という話もたくさん耳にします。

 

子供の成長具合がひとりひとり違う様に、イヤイヤ期も、その程度も違います。

 

お父さんお母さん達は周りの子供と比較しないでください。比較すると子供がかわいそうです。

2歳でイヤイヤ期を経験したなら、

 

「こういう時期もある。」

「ガミガミ怒らず、今回は優しく接してみよう。」

という気持ちであれば少しは暴れることも少なくなりますよ。

 

子供もひとりの人間です。

ゆっくりと成長を見守ってあげましょう。

 

コメント