3歳のイヤイヤ期!赤ちゃん返りへの対策法は?

子育て

3歳のイヤイヤ期の特徴のひとつとして、「赤ちゃん返り」があります。

 

みなさんも経験したことがあるのではないでしょうか?

 

3歳で赤ちゃん返りをする理由は、子供が、

「もっと私を見てほしい。」

と自己表現できるようになるからです。

 

妊娠中のお母さんに3歳の子供が、

「ママー、抱っこ-!」

と言ってくることもあります。

 

これと同じことを私の子供が経験しました。

児童館の先生に何とかしたい、と相談したところ、

「これは赤ちゃん返りだよ。」

「3歳でも、お母さんのお腹に赤ちゃんがいること、他の子にお母さんが取られてしまう寂しさがあるんだよ。」

と、児童館の先生が答えてくれ、理由が分かり安心しました。

 

お腹の赤ちゃんを出産した後は、兄弟ができて嬉しかったのか、わがままを言ったり甘えてきたりすることは

一旦落ち着きました。

 

しかし、3歳のイヤイヤ期はそんな簡単に終わるはずがなく、赤ちゃん返りへの対応も苦労しました。

 

そんな私の経験を踏まえて、事例を挙げながら対応方法をご紹介していきます。

 

「一旦子供の気持ちを受け止めよう。」

3歳のイヤイヤ期で、赤ちゃん返りをするということは、子供が何か言いたいことがある、何か納得いかないことがあるのではと考えてみましょう。

 

最近の子供の行動生活を振り返ってみます。

例えば、今まで楽しく保育園に行っていた子供が当日の朝になって、

 

「今日は保育園に行きたくない。」

と言ってきた時、風邪はひいていないし、体調も悪くないし、子供の訴えを鵜呑みにして保育園を休ませますか?

 

もし共働き家庭であれば、会社に迷惑がかかるので、そう簡単に保育園を休ませることは出来ませんよね。

 

子供が「行きたくない」と訴えても、親の都合を優先して、

「大丈夫大丈夫、頑張って保育園に行こう。」

「お友達が待ってるよ!」

と子供に優しく声をかけるでしょう。

 

保育園は集団生活です。

同級生や先生方と関わる場所なので、人間関係で苦しむ場合があります。子供も大人も同じです。

 

「自分の意見が通ればいい、自分の好きな行動をすればいい。」

ということではありません。

 

保育園もそうですが、3歳になると人との出会いが増え、行動範囲も少しずつ広がる中で考える力がついてきます。

 

久しぶりにわがままを言い出して、赤ちゃん返りをしてきたかなと思った時は、まずは子供の話しを聞いてあげましょう。

 

そして気持ちを受け止めることが大切です。

「昨日は保育園で何か嫌なことがあったの?」

「嬉しいことや嫌なことお母さんに何でも話してね。」

 

と優しく声かけすることが大切ですよ。

 

言い方を工夫しよう!

3歳のイヤイヤ期で赤ちゃん返りをしていると、親としては、

 

「何でこんなことが出来ないの。」

「何でわがまま言うの!もう赤ちゃんじゃないのに!

とイライラしてしまいます。

 

自分の中だけでイライラを抑えられていたらいいですが、

勢いあまって子供への発言まで厳しくなりすぎていませんか?

 

例えば、おもちゃを片付けない時は、

「何で片付けないの!今直ぐ片付けなさい!」

と怒るのではなく、

「おもちゃで遊べて楽しかったかな、今からお母さんと一緒におもちゃを片付けようか。」

 

と子供の気持ちに一旦寄り添ってから気持ちを伝えるようにすると子供も安心して行動に移せます。

 

 

3歳にもなれば、自己主張をしっかりしてきます。

「これはしたくない!嫌い!」

「まだ遊びたい!帰りたくない!」

と言ってきますし、言うことを聞きません。

 

しつけとして怒ることは必要な行為ですが、まず言い方を考えて子供が反発しないように気を付けてください。

 

「言い方を変える」のが難しい場合は、怒っていた回数より、「誉める回数」を増やしてみましょう。

 

私達大人も、怒られるよりは誉められると嬉しくなります。

仕事をしている時、上司が何かと怒ってきますが、

「あなたが毎日一生懸命仕事をしているから私達は助かるよ。」

と、ニコニコ笑顔で言われたらとても嬉しくなります。

 

「お母さんは怒る人、話すのが怖い。」

と3歳の子供に思われている時こそチャンスです。

怒る気持ちを抑えて、優しく声かけしましょう。

 

3歳のイヤイヤ期を経験しても、今後またイヤイヤ期が出てきます。

 

何歳でイヤイヤ期を経験するかわかりませんが、この経験を活かして、その時に合った言い方を常に探しておいてください。

 

言い方を工夫すると言っても、イヤイヤ期でも厳しく、怒る時は怒ってくださいね。

それが親の仕事、子育てですから。

 

 

まとめ

3歳のイヤイヤ期、赤ちゃん返りに悩んでいるお父さんお母さん、誰もが通る道です。

 

「もう逃げたい!」と思う時は必ずあります。

 

そんな時は、冷静になって、深呼吸しましょう。

そうすることで見えてくることがあります。

同じ様に悩んでいるお母さん達に、

 

「大変だったけれど、私達はこうやって何とか乗り越えてきたよ。」

とアドバイス出来る時が来ますよ、頑張りましょう!

 

コメント